◇研究所の紹介

◇役員・評議員

◇賛助会員

◇スタッフ

◇事業計画・報告

◇定款、規程類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイパーネットワーク社会研究所の紹介

 ハイパーネットワーク社会研究所は、設立以来、ハイパーネットワーク社会の健全な実現の推進に関する事業を行い、我が国及び国際社会の発展と国民生活の向上に寄与することを目的に様々な活動を行っています。
※デジタル及びソーシャル技術により高度に統合された情報処理及び情報通信を基盤として成立する高度なネットワーク社会

概要

名称  公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
 Institute for HyperNetwork Society
所在地  〒870-0037
   大分県大分市東春日町51番6 大分第2ソフィアプラザビル4F
    TEL:097-537-8180/FAX:097-537-8820
設立
年月日
 1993年3月29日、郵政省(現総務省)、 通商産業省(現経済産業省)の認可を得て財団法人として設立
 2013年4月1日、内閣総理大臣より公益認定を受け、公益財団法人へ移行
設立者  大分県 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 日本電信電話株式会社
 日本電気株式会社 富士通株式会社
賛助会員  12団体(平成28年4月現在)
組織図  

沿革

1989年  パソコン通信(コアラ)電子会議室で未来のネットワークとしての「ハイパーネットワーク」について議論が始まる
1990年  ハイパーネットワーク日出会議開催(研究所設立の提言)/ハイパーネットワーク社会研究所設置調査委員会
1992年  ハイパーネットワーク別府湾会議開催(以降、隔年開催)
1993年  総務省および経済産業省の認可を得て、ハイパーネットワーク社会研究所設立
1995年  大分県マルチメディア地域利用実験(1996年まで)
2000年  豊の国ハイパーネットワーク基本構想の策定(以降、構築と利活用の支援)
2003年  中小企業庁委託・情報モラル啓発事業開始(以降、毎年開催)
2004年  諸外国における情報セキュリティ調査事業
 インターネットガバナンス・タスクフォース(IGTF)設立、事務局を務める
2005年  諸外国における情報セキュリティ調査事業
 津久見市におけるオープンソースソフトウェア活用に向けての導入実証
2006年  オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業
 大分県オープンソースソフトウェア研究会設立
2007年  次世代双方向ブロードバンドに係る新技術の適用領域の拡大方策に関する調査検討
2008年  衛星ブロードバンド基盤整備に係る標準化モデル構築に関する調査検討
 九州広域での危機管理体制確立のための情報通信(ICT)プラットホーム構築に関する調査研究
2009年  ネットあんしんセンター、めじろん放送局開設
 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)地域ICT振興型研究開発
2010年  大分県教育情報化推進計画基本構想策定
 自治体クラウド開発実証事業におけるプロジェクト管理業務
 環境負荷低減を実現するためのワイヤレスシステムに関する研究開発(VHFアクセス)
 由布市情報通信基盤調査
2011年  農業のIT活用研究会
 大分県教育情報化推進事業
 ケータイ甲子園2010
2012年  おおいたIT人材塾
 ネット安全教育事業
 ケータイ甲子園2012
2013年  ファブラボ大分開設(現在はハイパー研より独立して運営)
2015年  地域ネットワーク型コミュニティ研究会発足