第76回ハイパーフォーラム
  『災害とICTの利活用 ~東日本大震災、熊本地震の経験と教訓の共有~』  

お礼の言葉

第76回ハイパーフォーラムは盛況のうちに終了いたしました。皆さま、ありがとうございました。

フォーラムの概要

平成28年4月の熊本地震では大分県内にも大きな被害が発生し、県民の間には防災への関心が高まっています。東日本大震災以降、災害時のICT活用についての取組みが進み、活発な研究がなされ、その成果が今後の防災対策に生かされることが期待されます。
今回のハイパーフォーラムでは、東日本大震災、熊本地震などにおける経験と教訓の共有を行うとともに、参加者によるワークショップを実施し、今後の防災へのICTの効果的な利活用の推進の場とします。どうぞ奮ってご参加ください。


開催概要

日時
2017年2月8日(水) 13:30~17:00
(受付 13:00~)
会場
ソフィアホール(大分第2ソフィアプラザビル2階)
(大分市東春日町51-6)
参加費
ハイパーフォーラム無料
定員
100名程度(先着順)
主催
大分県
公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所

お申し込み

ハイパーフォーラムのお申し込み受付は終了いたしました。
たくさんの申込みありがとうございました。

大きな地図で見る
公共交通機関もしくは近隣の有料駐車場をご利用ください。

講師紹介

松岡祥仁

松岡 祥仁 (まつおか よしひと)氏
(株)CLOUD-IA 代表取締役/熊本県ITコーディネータ協会 経営コンサルタント


 複数のIT系企業を渡り歩き、クリエイティブ・ディレクターなどを経験し2013年7月株式会社CLOUD-IAを設立。ITや経営に関するコンサルタントをはじめ、クラウドシステムの導入、HP作成、ソフト開発、通販、音楽活動などを行う。中小企業庁の「ち いさな企業未来会議」を委嘱。2013年11月、熊本県庁のIT投資評価コンサル担当、台湾の製造メーカー顧問就任など、複数社のコンサルティグを実施。ベンチャー企業のスタートアップや中小企業のIT活用経営などのコンサルを得意とする。熊本地震の際は、合志市の自宅で被災、自治会による避難所運営、避難者支援、阿蘇地域における復興支援(経営相談)などに従事。

工藤英幸

工藤 英幸 (くどう ひでゆき)氏
(株)情報開発研究所 代表取締役


 大分県竹田市出身。東京の企業でプログラマー、フリーランスのSEとして多数のプロジェクトを経験。Yahoo! Japan Value insight プロジェクトマネージャーなど歴任。2010年にUターン。2011年4月、ホームページ製作や動画製作等を行う㈱情報開発研究所を設立。2012年7月九州北部豪雨災害後、竹田災害ボランティアセンターを支援するITシステムを開発。その件を講演したおおいたITフェア2014で動員数1位。2015はドローンの内容で動員数1位。熊本地震発生後、周辺の映像を公開し、独自メディアを立ち上げて風評被害の払拭等に取り組む。著書『熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか』(2016年・インプレスR&D)

宮川祥子

宮川 祥子 (みやがわ しょうこ)氏
慶應義塾大学看護医療学部 准教授


 2000年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学、博士(政策・メディア)。 01年慶應義塾大学看護医療学部専任講師。06年同准教授となり現在に至る。阪神・淡路大震災において、情報ボ ランティア団体、InterVネットにかかわる。東日本大震災に際して、看護医療関係などを中心に情報支援活動を行う。2015年情報支援レスキュー隊(IT DART)の理事・世話人となり、熊本地震の際は、現地の自治体・福祉関係の情報支援活動に従事。

会津泉

会津 泉 (あいづ いずみ)
ハイパーネットワーク社会研究所 主席研究員/多摩大学情報社会学研究所 主任研究員


 東日本大震災直後に、「情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)」設立に参画、以来、災害時における情報支援のあり方についての調査・実践を続けている。現在、情報支援レスキュー隊(IT DART)の理事・世話人。熊本地震の際は、「IT DART先遣隊」など、3回にわたり被災地を訪問し、被災状況の調査、情報系の支援に従事。著書『熊本地震 情報通信の被害・復旧・活用状況』(2016年・インプレスR&D)ほか。

プログラム

13:00~
受付開始
13:30~
開会挨拶
13:35~15:50
第1部  講演
1.熊本地震から学ぶ災害時のICT活用報告
松岡 祥仁 氏((株)CLOUD-IA 代表取締役/熊本県ITコーディネータ協会 経営コンサルタント)
2.住民としての被災経験を通して
工藤 英幸 氏((株)情報開発研究所 代表取締役)
3.自治体と民間の連携 阪神・淡路、東日本、熊本の震災から学ぶ
宮川 祥子 氏(慶應義塾大学看護医療学部 准教授)
4.講師討論
司会:会津 泉(ハイパーネットワーク社会研究所 主席研究員/多摩大学情報社会学研究所 主席研究員)
15:50~16:00
休憩
16:00~
第2部  ワークショップ
~次の災害に備えるICT活用法~
概要
 参加者で小グループを作り、テーマ別に次の災害に備えてすべきことを討論・発表して頂くワークショップを実施します。
16:55~
閉会挨拶
17:00
閉会

※プログラムは変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
TEL: 097-537-8180 FAX: 097-537-8820
E-mail:forum76@hyper.or.jp
担当:加藤、植木

|

|

|