地域ネットワーク型コミュニティ研究会

 生活のあらゆる面でICTが活用され便利になってきている一方で、地方では少子高齢で当面する複雑な課題に対し、多くの取り組みが必要とされています。そこで、地域における横断的で体系的なネットワーク 型コミュニティを検討することに致しました。具体的には、地域ICTとしてサスティナブルシステム構築やセキュリティ関連の研究委員会、地域の健康・農業・観光をテーマとした研究委員会、地域の文化・芸術・科 学と産学連携・人材育成の研究委員会等を立ち上げます。
 地域が直面している課題を、体系的なネットワーク連携で互いに補完し協調できる「地域ネットワーク型コミュニティ」を皆様と協同で進めたいと考えております。

地域ICT活用研究委員会

①地域セキュリティ研究
・セキュリティの保護・管理、サイバー攻撃監視・防御ネットワーク構成、制度・規範・運用等の地域共同セキュリティセンターの検討
・セキュリティ担当、企業・行政の担当、社員・職員への教育及び市民啓発等を検討

②地域サスティナブル研究
・自動生成ツール活用による業務側、開発側共同でのシステム開発及び業務変化への柔軟な対応の実証的研究
(例:自治体・中小企業システムへのGeneXusの適用)
・IOT等の並行処理に最適なCSP(Communicating Quential Processes)、ビッグデータ利用のソーシャル物理応用の取組体制検討(今後)

地域教育・文化・芸術研究委員会

①地域産学連携人材育成研究
・実践と理論に強い国際的な人材育成及び生徒・学生への実践学習支援方法の検討
 (アジアとの連携/県出身者のインターンシップ、卒論・修論の企業テーマ等)
・初等中等教育の実践と理論/演習への企業・機関の専門家からの支援(クラブ活動)

②地域ネットワーク型芸術・文化・科学研究
・県内の芸術・文化会館、図書館、大学等をネットワークで体系的に連携し、活動の見える化、活動の協同と県内外へ広報活動
(学生、市民への教育支援)
・広瀬淡窓、三浦梅園、帆足万里、福沢諭吉等の県の偉人研究・関連機関との連携による見える化と広報の検討(ワンストップサービスの検討)

地域健康・農業・観光研究委員会

①地域環境・エネルギー学習型観光研究
・企業の環境/省エネルギー設備や再生可能エネルギー設備の学習型、健康(知力・ 体力)志向型等の目的型観光、及びシミュレーション(模型)等の学習環境の検討
・移動交通は自動運転車、簡易移動車の利活用も視野に入れたレンタル方式、高齢者対応車の実証実験等の検討
   ・・・最先端技術を有する県内の多様な企業現場は理工学への好奇心を喚起・・・

②ネットワーク型地方創生研究
・少子・高齢化、医療、福祉、過疎化などの地域課題への多様な活動をネットワーク連携し、活動の見える化、団体の交流と協働でのネットワーク型コミュニティ構築の促進(プラチナ構想ネットワークとの協同(了解済み))
・高齢者が活躍する場の検討(薬草採取・加工・利用、民芸品、伝統芸術など伝承・・・)

③地域完全リサイクル農業研究
・食品の残渣、魚処理場からの廃棄物を肥料・飼料へ転換する技術開発(既開発の中小企業適用と農・漁業へ実証的取り組み)
・特殊農産物(超クリーン食品等)の安価な植物工場、農産物の生産・品質管理(土壌、環境、植物のセンシング等)、薬草(薬草の県へ)と健康食品&商品開発、「世界農業遺産の大分」での品質保証機関の検討・・・農業(含む薬草)・漁業と観光との連携

過去に開催された研究会

お問い合わせ先

公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
TEL: 097-537-8180 FAX: 097-537-8820
E-mail:sg_hyper@hyper.or.jp

|

|

|