九州広域ICTプラットフォームシンポジウム in大分
 ~危機管理情報の広域共有化に向けた取り組み~

お礼の言葉

シンポジウムは、大盛況のうちに終了いたしました。 皆さま、ありがとうございました。

シンポジウムの様子

シンポジウムの様子1 シンポジウムの様子2 シンポジウムの様子3

「九州広域ICTプラットフォーム」の実現に向け、九州広域ICTプラットフォーム調査検討会において実施した実証実験のデモンストレーション等を交えながら、危機管理情報の共有化のための最新の技術動向や、広域ICTプラットフォームの実現に向けた制度的、技術的諸課題とその解決策について、危機管理情報の専門家及び有識者、九州のICT関係者から広く意見をいただきます。

開催概要

日時

2009年2月24日(火)13:30~17:00

会場

大分県消費生活・男女共同参画プラザ「アイネス」大会議室
(大分市東春日町1-1)

参加費

参加費無料

主催


後援

お申し込み

申し込みは締め切りました。




大きな地図で見る



プログラム

13:30~13:35 開会挨拶
 武井 俊幸  総務省九州総合通信局長
13:35~13:40来賓挨拶
 平野 昭  大分県 副知事
13:40~14:40プログラム1 基調講演
「危機管理対応情報共有技術による減災対策」

 鈴木 猛康  山梨大学大学院教授 (特定非営利活動法人防災推進機構 理事長)
14:40~15:20プログラム2 プレゼンテーション
「危機管理情報の広域共有化に向けた実証実験の取り組み」

コーディネーター
 西野 浩明  大分大学工学部准教授(調査検討会座長代理)

プレゼンテーター
 小林 信喜  九州総合通信局情報通信連携推進課 課長
 長友 信裕  宮崎地域インターネット協議会 副会長 (調査検討会作業部会長)
 広岡 淳二  九州情報通信連携推進協議会 事務局長
15:20~15:30休憩
15:30~16:50プログラム3 パネルディスカッション
「九州広域ICTプラットフォームによる安心・安全な地域社会の形成に向けて」

コーディネーター
 尾家 祐二  九州工業大学大学院教授(調査検討会座長)

パネリスト
 池ノ上 克  宮崎大学医学部長・産婦人科教授【遠隔出演】
 堀井 洋一郎  宮崎大学農学部獣医学科教授
 宮川 明大  石川県七尾市企画政策部情報政策課【遠隔出演】
 山崎 正幸  九州経済連合会情報通信委員会企画部会長
 山戸 康弘  大分県企画振興部IT推進課 課長
16:50~閉会挨拶
尾家 祐二   九州広域ICTプラットフォーム調査検討会 座長



お問い合わせ先

財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
TEL: 097-537-8180 FAX: 097-537-8820
E-mail:
担当:

|