「自然エネルギーに貢献する地域ICTシステム」シンポジウムin大分
   ~エネルギーと通信の融合~


お礼の言葉

「自然エネルギーに貢献する地域ICTシステム」シンポジウムin大分は大盛況のうちに終了いたしました。
皆さま、ありがとうございました。

開催趣旨

今後普及が見込まれる、風力や太陽光などの再生可能エネルギーにおける発電は、時々刻々変化します。
これらを的確に把握し、エネルギーを安定供給するために、地上デジタルテレビへの移行により利用可能となる周波数帯を使用した無線通信システムの開発を行っています。

今回のシンポジウムでは、日田市において散在する発電施設を統合的に監視するこのシステムの実証実験デモンストレーションを交えながら、最新の技術動向や課題、規格策定の状況とその技術の応用等について報告いたします。

またパネルディスカッションにより、これからの無線ネットワークが、地域社会にどのような可能性をもたらすのかを
議論いたします。

皆様のご参加を心からお待ちしております。

※講演資料について
今回のシンポジウムでは資源削減の為、開場内での講演資料の配布を行っておりません。
ご希望の方は以下「プログラム」よりダウンロード下さい。


開催概要

日時
平成23年3月22日(火)13:30~17:00
会場
大分県消費生活・男女共同参画プラザ「アイネス」
2階大会議室

(大分市東春日町1番1号)
参加費
ハイパーフォーラム無料
定員
150名
主催
総務省
総務省 九州総合通信局
後援
大分県
日田市
九州テレコム振興センター
九州電力

お申し込み

シンポジウムのお申し込みの受付は、終了致しました。


会場地図


大きな地図で見る
会場には駐車場がありませんので、公共交通機関もしくは近隣の有料駐車場をご利用ください。


プログラム

13:00~
受付開始
13:30~13:35
開会挨拶
吉田 靖 (総務省 総合通信基盤局 電波部長)
13:35~13:45
来賓挨拶
奥塚 正典 (大分県 商工労働部 審議監)
13:45~14:15
基調講演
「自然エネルギーと新たな無線通信の役割」
講師:梅比良 正弘 (茨城大学大学院 教授)
講演資料ダウンロード(PDF: 2.37 MB)
14:15~14:45
講演
「電力用通信ネットワークとVHFアクセス」
講師:新開 巧児 (九州電力株式会社 電気通信部 スマートグリッド通信グループ長)
講演資料ダウンロード(PDF:1.72 MB)
14:45~15:45
プレゼンテーション
①「環境負荷低減を実現するためのワイヤレスシステム実証実験」
伊藤 仁司(日本無線株式会社 ソリューション事業本部 通信ソリューション技術部
        IPネットシステムグループ課長)
講演資料ダウンロード(PDF: 2.85 MB)
②「アナログテレビ跡地を有効利用する公共ブロードバンド移動無線システム」
三宅 俊彦 (日本無線株式会社 研究開発本部 Pプロジェクト担当部長)
講演資料ダウンロード(PDF: 2.39 MB)
15:45~16:00
休憩
16:00~16:55
パネルディスカッション
「地域活性化のための無線ネットワークの可能性」
コーディネーター:宇津宮 孝一 (大分大学工学部 教授(調査検討会座長))
パネリスト:倉原 浩志 (大分県 商工労働部 情報政策課 情報政策監)
       髙橋 裕二郎 (NPO法人九重トキゆめプロジェクト21 代表)
       広岡 淳二 (社団法人九州テレコム振興センター 事務局長)
       藤井 威生 (電気通信大学 先端ワイヤレスコミュニケーション研究センター
               准教授)
       正村 達郎 (日本無線株式会社 取締役)
16:55~17:00
閉会挨拶
神林 喜彦 (総務省 九州総合通信局 無線通信部長)

講師紹介

梅比良 正弘 氏

茨城大学大学院 教授
梅比良 正弘

1978年 京都大学 工学部 電子工学科 卒業, 1980年 同大学院修士課程了 同年 日本電信電話公社(現NTT)入社, 1986年~1987年 カナダ・CRC/DOC(通信省通信研究所)客員研究員工学博士(京都大学), 2006年より茨城大学工学部教授 主として衛星通信システム、広帯域ワイヤレスアクセスシステム、ワイヤレスユビキタスサービスシステム、コグニティブ無線等の研究開発に従事。 2009年 電子情報通信学会フェロー、IEEE会員<受賞歴>, 1987年 電子情報通信学会学術奨励賞, 1999年 業績賞受賞, 2001年 文部科学大臣賞研究功績賞, 2003年・2010年 電気通信普及財団テレコムシステム技術賞, 2009年 Wireless Vitae 2009 Outstanding Paper Award.


新開 巧児 氏

九州電力株式会社 電気通信部 スマートグリッド通信グループ長
新開 巧児

1960年5月16日 佐賀県(現在の武雄市)生まれ, 1979年4月 九州電力㈱入社 電力用通信設備の計画、工事、保守に従事。 2003年8月 九州通信ネットワーク㈱電気通信設備の設備計画に従事。 2010年7月より現職。スマートグリッドに向けた電力用通信ネットワークの技術開発に従事。




伊藤 仁司 氏

日本無線株式会社 ソリューション事業本部 通信ソリューション技術部 IPネットシステムグループ課長
伊藤 仁司

1981年4月 日本無線株式会社に入社。 1981~2001年 主に海外向けルーラル無線通信設備の開発・設計など通信システムの開発に従事。 2001~2008年 主に防災無線通信システムのネットワークシステム開発に従事。 2009年7月から現職。





三宅 俊彦 氏

日本無線株式会社 研究開発本部研究所 Pプロジェクト担当部長

1977年3月 岡山大学工学部電子工学科卒業, 1981年1月 日本無線株式会社 入社, 1981~2000年 携帯電話およびWCDMA基地局の研究開発に従事。 2001~2007年 CDMAプロジェクト、無線エントランス装置等の研究開発に従事。 2008年より現職。


宇津宮 孝一 氏

大分大学 工学部 知能情報システム工学科 教授(調査検討会座長)
宇津宮 孝一

1968年3月 九州大学工学部電子工学科卒業, 1968年4月 九州大学大型計算機センター助手, 1977年9月 工学博士取得(九州大学), 1977年11月 九州大学情報処理教育センター助教授, 1982年10月 九州大学大学院総合理工学研究科助教授, 1986年11月 大分大学工学部教授, 1993年10月 大分大学評議員(1997年9月30日まで), 1998年1月 大分大学工学部長(2000年1月26日まで), 2002年1月 大分大学副学長(研究等担当)(2003年9日30日まで), 2002年4月 財団法人ハイパーネットワーク社会研究所所長, 2003年5月 情報処理学会九州支部長(2005年5月まで), 2005年1月 IEEE福岡支部副支部長(2006年12月まで), 2006年4月 大分大学総合情報処理センター長(2008年3月まで)現在に至る。<主要著書>「オペレーティングシステムの概念(上,下)」培風館 宇津宮 孝一 他訳、J.L.ピータソン著 「ディジタル信号処理の基礎」森北出版 宇津宮 孝一監修、兼田 護著


倉原 浩志 氏

大分県商工労働部 情報政策課情報政策監
倉原 浩志

1983年 大分県入庁, 1989年 電算システム課(後に統計情報課)に配属。行政情報化推進基本構想・実施計画の策定や人事給与システムの運用などに携わる。 1995年 企画調整課情報化推進室にて地域マルチメディア実験を担当、県庁内にインターネット用LANを構築。その後、林業水産部予算担当、大野郡5町2村(現・豊後大野市)合併協議会、地方行政局等を経る。 2006年 (財)ハイパーネットワーク社会研究所出向 財務運営や各種の調査研究推進に携わる。 2008年 政策企画課課長補佐, 2009年 情報政策課課長補佐, 2010年から現職。産業情報化や地域情報化の推進に取組む。


髙橋 裕二郎 氏

NPO法人九重トキゆめプロジェクト21 代表
髙橋 裕二郎

1948年9月11日 大分県 九重町生まれ, 九重森林公園スキー場 取締役支配人, NPO法人 九重トキゆめプロジェクト21 代表, 九重飯田高原デザイン会議 会長, 九重氷の祭典実行委員会 会長, 九重の自然を守る会 副会長, 新しい九重町を創る会 会長





広岡 淳二 氏

社団法人九州テレコム振興センター 事務局長

1988年 北九州市役所入庁, 1998年 通信・放送機構(TAO)研究推進部研究推進課主査, 1999年 通信・放送機構(TAO)北九州ギガビットラボ副センター長, 2004年 独立行政法人情報通信研究機構(NICT)北九州IT研究開発支援センター副センター長, 2006年 独立行政法人情報通信研究機構(NICT)九州リサーチセンター研究開発支援担当チーフ 財団法人九州ヒューマンメディア創造センターICT推進室次長, 2007年 財団法人北九州産業学術推進機構産学連携センター産学連携課長, 2008年 北九州市役所退職 九州情報通信連携推進協議会(KIAI)事務局長 九州電力㈱電子通信部ICT地域・国際連携グループ課長 社団法人九州テレコム振興センター広域連携推進室長, 2010年 社団法人九州テレコム振興センター(KIAI)事務局長


藤井 威生 氏

電気通信大学 先端ワイヤレスコミュニケーション研究センター 准教授
藤井 威生

1997年 慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業, 1999年 同大大学院修士課程修了, 2000~2002年 同大特別研究助手, 2002年 同大学院博士課程修了, 2002~2006年 東京農工大学工学部電気電子工学科助手, 2006年より 電気通信大学先端ワイヤレスコミュニケーション研究センター准教授。コグニティブ無線、無線アドホックネットワークなどの研究に従事。<受賞歴>1999年 IEEE VTC 1999-Fall 優秀論文賞, 2001年 電子情報通信学会無線通信システム研究会研究活動奨励賞, 2001年 エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード, 2004年 電子情報通信学会学術奨励賞, 2008年 TriSAI2008優秀論文賞, 2009年 電子情報通信学会アドホックネットワーク研究会若手奨励賞各受賞


正村 達郎 氏

日本無線株式会社 取締役 執行役員 研究開発本部長
正村 達郎

1976年 NTT通信研究所入所CDMA、TDMA衛星通信システムの研究開発、実用化に従事。 1983年 カナダ通信省通信研究所、交換研究員, 1992年 NTTネットワーク開発センターマネージャー衛星通信システムの実用化を統括、引き続き衛星ビジネス開発に従事。 1999年 NTT未来ねっと研究所、企画部長, 2002年 NTTドコモに転籍、ワイヤレス研究所長 将来移動通信の研究開発を推進。 2005年 日本無線㈱に移籍。(現職)


お問い合わせ先

財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
TEL: 097-537-8180 FAX: 097-537-8820
E-mail:
シンポジウム担当:内藤/原田



|