第64回ハイパーフォーラム
『浸透するソーシャルメディア』 ~ 人のつながりが世界を変える ~

『浸透するソーシャルメディア』 ~ 人のつながりが世界を変える ~

お礼の言葉

第64回ハイパーフォーラムは、大盛況のうちに終了いたしました。 皆さま、ありがとうございました。

当日の様子

第64回ハイパーフォーラム会場風景1 第64回ハイパーフォーラム会場風景2 第64回ハイパーフォーラム会場風景3

当日のTwitterのツイートを参加者の方がまとめてくれましたので以下に掲載します。


BungoChannelさまのご好意で当日の模様をuStreamにも録画しております。





お知らせ

  • 今回のフォーラムでは、講演資料の枚数が多いため印刷による配布を行いません。そのため、申し込み時のメールアドレスに講演資料のダウンロード先をお知らせしております。また、この資料は参加者限定となっておりますので、ダウンロード先の公開はお控えください。
  • フォーラムの模様をTwitterでツイートする方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ハッシュタグ #forum64 をお使い頂けると助かります。
  • NPO BuNGO Channelさまのご協力でuStreamによる配信を行います。
    URLは、http://ustre.am/pk4Iです。


フォーラムの概要

Twitterだけがソーシャルメディアじゃない! 次はFacebookだ!

昨年7月に開催したハイパーフォーラムで、Twitterとスマートフォンの活用をいち早くご紹介しました。当時、Twitterの知名度は高くありませんでしたが、今ではメディアが取り上げるほど浸透してきています。

今回のフォーラムでは、Twitterを代表とするソーシャルメディアの現状を整理し、今後、どのように生活やビジネスの中に浸透していくのかを探り、ビジネス分野の活用事例などもご紹介いたします。

また、世界で最も利用されているソーシャルメディアで、日本でも普及の兆しがみえるFacebookに焦点を当て、Facebookとは何か、なぜ、注目を集めているのか、また、特に米国におけるビジネス利用の現状についてご紹介し、今後の可能性を考えます。

皆様のご参加を心からお待ちしております。


開催概要

日時
2010年12月16日(木) 13:00~16:45
(受付 12:30~)
会場
大分第2ソフィアプラザビル2階 ソフィアホール
(大分市東春日町51-6)
参加費
ハイパーフォーラム無料
定員
100名
主催
大分県
財団法人ハイパーネットワーク社会研究所

お申し込み

お申し込みを〆切ました。



大きな地図で見る
会場には駐車場がありませんので、公共交通機関もしくは近隣の有料駐車場をご利用ください。

講師紹介

講師

松村 太郎

松村 太郎 氏

ジャーナリスト・企画・選曲。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。ビジネスブレイクスルー大学講師。


経歴

1980年、東京・渋谷生まれ。ジャーナリスト・企画・選曲。2003年 慶應義塾大学環境情報学部卒業後、2005年 慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。現在、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)として、在学中のテーマとしてきた「モバイル・コミュニケーション」「パーソナル・テクノロジー」について、サステイナビリティとノマドをテーマに研究を続ける。同時にビジネス・ブレークスルー大学講師を勤め、嘉悦大学でも教鞭を執る。2007年にキャスタリアに取締役研究責任者として参画、「ソーシャル・ラーニング」と「デジタル・アイデンティティ」をテーマとした特許を2009年に取得し、モバイル環境と新しい学びのスタイル「iUniv」の開発とビジネス化に取り組む。


講師

岡村 直人

岡村 直人 氏

(株)ループス・コミュニケーションズ
開発部部長


経歴

2001年株式会社ビート(現IMJモバイル)入社、モバイル向けシステム開発やプロジェクト管理に携わる。2005年株式会社クレスコ入社、エネルギー系企業の基幹システム設計・開発に従事。2007年株式会社ループスコミュニケーションズ入社、ソーシャル系システム開発のプロフェッショナルとしてプロジェクトマネジメント業務に従事。


プログラム

12:30~
受付開始
13:00~
開会挨拶
山戸 康弘 (大分県商工労働部情報政策課長)
13:10~14:40
講演1
「モバイル&ソーシャルのイノベーション」
講師
松村 太郎 (ジャーナリスト・企画・選曲、慶應義塾大学SFC研究所上席所員)
講演内容
2010年、iPhoneとTwitterの本格的な普及を迎え、それぞれAndroid、Facebookといった新たなプレイヤーが加わり始めました。そこで、時間、場所、親密性という3軸を元にして、モバイルとソーシャルメディアがどのように活用されているか、そして、2011年はどのようなトレンドが予想されるかをご紹介します。
14:40~14:55
休憩
14:55~16:25
講演2
「Facebook 活用最前線」
講師
岡村 直人(株式会社ループス・コミュニケーションズ)
講演内容
世界で5億人が利用する巨大SNS、Facebook。日本での利用者は170万人程度であるものの、過去3ヶ月だけで会員数が50万人増と勢いを増しつつります。なぜ急速な支持を得ているのか、そしてどう企業利用に生かすべきか。そのポイントをご紹介したいと思います。
16:25~16:35
意見交換
「米国におけるソーシャルメディアの課題 ~ セキュリティの問題等 ~」
木下 泰孝(マカフィー株式会社)
16:35~16:45
閉会挨拶
財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 所長 宇津宮 孝一
16:45
閉会


お問い合わせ先

財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
TEL: 097-537-8180 FAX: 097-537-8820
E-mail:
担当: 菅



|