第61回ハイパーフォーラム

お礼の言葉

第61回ハイパーフォーラムは、大盛況のうちに終了いたしました。 皆さま、ありがとうございました。

資料

パネル討論時の資料を以下に公開致しました。

当日の様子

第61回ハイパーフォーラム1 第61回ハイパーフォーラム2 第61回ハイパーフォーラム3

今こそ『クラウド』をつかむ!
~革新的サービスの全貌を明らかにする~

 「クラウドコンピューティング」って いったい何だろう!?

現在、「クラウドコンピューティング」というコンピュータの利用形態が注目されています。これは、自らシステム構築しソフトウェアやアプリケーションを「所有」する形態から、サービスとしてインターネットを通じて「利用」する形態へのシフトであり、必要な時に必要なサービスを利用できる事が特徴です。

本フォーラムでは、多岐にわたる「クラウド」の全体像や世界情勢、実例を紹介するとともに、「自治体」、「ベンダー」、「企業」などの立場からクラウドのあるべき姿を探ります。

皆様のご参加を心からお待ちしております。


開催概要

日時
2009年10月28日(水)13:00~16:30
(受付 12:30~)
会場
大分第2ソフィアプラザビル2階 ソフィアホール
(大分市東春日町51-6)
参加費
ハイパーフォーラム無料
定員
100名
主催
大分県
財団法人ハイパーネットワーク社会研究所

お申し込み

お申し込みは締め切りました。


大きな地図で見る
会場には駐車場がありませんので、公共交通機関もしくは近隣の有料駐車場をご利用ください。



講師紹介

講師

城田 真琴

城田 真琴 氏

株式会社野村総合研究所
情報技術本部技術調査部
上級研究員


経歴

北海道大学工学部卒業後、大手メーカーのシステムコンサルタントとして活躍した後、2001年に野村総合研究所に入社。以来、ITアナリストとして、先端テクノロジーの動向調査、ベンダー戦略の分析、ユーザー企業のIT利用動向調査を推進している。現在は総務省「スマート・クラウド研究会」技術WG委員も務める。 主な著書に『クラウドの衝撃』(東洋経済新報社)、『今さら聞けないクラウドの常識・非常識』(洋泉社)、共著に『ITロードマップ』(東洋経済新報社)などがある。寄稿、講演多数。


講師

スティーブン・クレア・ヴェルティマ

スティーブン・クレア・ヴェルティマ 氏

株式会社アセンディア
取締役


経歴

1970年アメリカ生まれ、1993年来日。東京でWebデザインとプログラミングや外資企業の大型ECサイトのWebmasterとして勤務をしたのち、2000年アソシエントテクノロジー株式会社に入社し、大分へ移動。2005年取締役に着任し、2006年事業譲渡により株式会社アセンディアへ移動。九州を拠点にWebとモバイルシステムのコンサルティングと開発に取り組んでいる。


講師

藤田 龍太郎

藤田 龍太郎 氏

ネットワンシステムズ株式会社
応用技術本部DCプロダクト開発部長


経歴

1988年ネットワンシステムズ入社
TISN等の日本の黎明期のインターネットの立ち上げに携わる。 以来、オープンネットワークの市場開発を担当し、 2007年からクラウドコンピューティング関連事業の開発に従事。
現在、「Cloud Business Alliance」 技術部会長
総務省「スマート・クラウド研究会」利活用WG委員
も務める。

講師

松岡 伸一郎

松岡 伸一郎 氏

佐伯市
総務部 情報推進課長


経歴

昭和51年に佐伯市に入庁。総務課電算係に配属され、オペレータ兼プログラマー、システム設計者として、アセンブラー言語による個別システム開発などに携わる。平成15年に佐伯市・南海部郡5町3村合併協議会電算チームへ出向し、電算システム統合基本計画を策定し、佐伯市の汎用コンピュータによる構築を行う。平成18年に情報推進課長となり、行財政改革推進プランの事務事業見直しのもと、包括的アウトソーシングによるシステム再構築事業をはじめ、多くの地域情報化推進に取り組んでいる。


講師

山戸 康弘

山戸 康弘 氏

大分県
商工労働部 情報政策課長


経歴

  • 1980年 大分県庁に入る。
  • 1985年~1990年 電算システム課勤務。大分県庁OA化推進担当。汎用機による大規模システム開発。
  • 1991年~1992年 情報化推進室勤務。第1次大分県地域情報化計画策定。コアラ担当。
  • 1995年~1998年 現IT推進課勤務。パソコン一人一台計画策定。大分県庁電子メールシステム導入。
  • 1999年~2005年 (財)ハイパーネットワーク社会研究所事務局長。
  • 2006年~2008年 IT推進課長
  • 2009年~現職


コーディネーター

青木 栄二

青木 栄二 氏

財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
事務局長


経歴

2000年情報通信キャリアからハイパーネットワーク社会研究所へ出向派遣。主にネットワークシステム、無線分野、情報セキュリティなどに関する調査・研究に携わる。2006年から事務局長として研究所全体のマネージメントに従事。今年度は、情報モラル、SCOPE、衛星ブロードバンド、環境分野にも取り組んでいる。



プログラム

12:30~ 受付開始
13:00~
開会・挨拶
大分県 商工労働部 情報政策課長 山戸 康弘
13:10~14:50
講演
「クラウドの衝撃」~IT史上最大の創造的破壊が始まった~
講師
城田 真琴 (株式会社野村総合研究所 情報技術本部技術調査部 上級研究員)
内容
"大転換"や"破壊的イノベーション"と評されるクラウドとはいったい何者なのか? 現在の世界情勢等を交え、クラウドの概念を分かり易く整理します。また、今後の発展形態を予想すると共に、何がどう変わるのか?何をもたらすのか? 大きく変わる未来を解説します。
14:50~15:05休憩
15:05~16:25
パネル討論
「理想のクラウド像に向けて」
講師
松岡 伸一郎(佐伯市 総務部 情報推進課長)
山戸 康弘(大分県 商工労働部 情報政策課長)
藤田 龍太郎(ネットワンシステムズ株式会社 応用技術本部DCプロダクト開発部長)
スティーブン・クレア・ヴェルティマ(株式会社アセンディア 取締役)
城田 真琴 (株式会社野村総合研究所 情報技術本部技術調査部 上級研究員)
コーディネーター
青木 栄二(財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 事務局長)
内容
クラウドに必要な条件とは何か? 相互連携を図るクラウドビジネスアライアンスが推進するクラウドを示すとともに、自治体や地元SIerの意見を交え、理想のクラウド像を探ります。
16:25 閉会


お問い合わせ先

財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
TEL: 097-537-8180 FAX: 097-537-8820
E-mail:
担当:

|