第60回ハイパーフォーラム

お礼の言葉

第60回ハイパーフォーラムは、大盛況のうちに終了いたしました。 皆さま、ありがとうございました。

当日の様子

第60回ハイパーフォーラム1 第60回ハイパーフォーラム2 第60回ハイパーフォーラム3

ソーシャルメディアが築く新たなライフスタイル
~台頭する新生メディアの可能性を探る~


 みなさん、Twitter(ツイッター)や、スマートフォンって知っていますか?

 ソーシャルメディアと呼ばれるサービスには、ブログ、ミクシィグリーなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、YouTubeなどの動画共有サイトなどがある他、最近はアメリカ発祥のFacebook(フェイスブック)やMySpace(マイスペース)などの巨大SNS、ミニブログと呼ばれるTwitter(ツイッター)などの利用拡大が進んでいます。また、アップル社のiPhoneやグーグル社のAndroid携帯など、スマートフォンに代表される携帯端末の動きも活発になっています。

 本フォーラムでは、「ソーシャルメディアとは何か」「スマートフォンで何ができるのか」また「ビジネスや地域活動にどのような可能性をもたらすのか」、その変遷や全体像、具体的な利用方法について紹介します。

 皆さまのご参加を心からお待ちしております。


開催概要

日時
2009年7月24日(金)13:00~17:00
(受付 12:30~)
会場
大分第2ソフィアプラザビル2階 ソフィアホール
(大分市東春日町51-6)
参加費
ハイパーフォーラム無料
(注)交流会の参加は有料(1,000円)です。
定員
100名
主催
大分県
財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
交流会について
フォーラム終了後、17:30より会場に隣接する喫茶ソフィアにて交流会を開催致します。この交流会は有料(1,000円)です。講師と直接交流できる良い機会にできればと考えております。なお、交流会はフォーラム参加者を対象としておりますので、交流会のみの参加はご遠慮願います。

お申し込み

お申込みは終了しました。




大きな地図で見る

会場には駐車場がありませんので、公共交通機関もしくは近隣の有料駐車場をご利用ください。




講師紹介

講師

高木 裕

高木 裕 氏


株式会社DGインキュベーション
海外投資事業部 プロデューサー

経歴

1990年沖縄にてMacをつかったDTPビジネスに参加、その後CD-Iオーサリングスタジオを共同創業。1995年日経映像にてインターネットコンテンツの企画製作を行う。1998年から2000年まで沖縄県マルチメディアアイランド構想調査員、またNPO法人FROM沖縄の立ち上げを支援。2000年松下電器に入社しLAWSONの携帯ショッピングサイトiLAWONのサイト責任者やPanasonicの携帯サイト企画・運用を経て、2005年から株式会社ガレージへ勤務。株式会社DGインキュベーション海外投資事業部で、ブログ検索サイトテクノラティの日本対応やTwitterの日本語化など海外投資サービスの国内展開の支援を行っている。

講師

林 信行

林 信行 氏


ITジャーナリスト&コンサルタント

経歴

popIn社やMODIPHI社などいくつかの企業のアドバイザーも兼務。'70年代からパソコンに興味を持ち、'90年代から本格的な取材と執筆活動を開始。スティーブ・ジョブズ復帰や初代iPod発表も直に取材した。アップル社やGoogle社の企業動向の分析をはじめ、ブロードバンド化やブログ、SNSといった新トレンドにも早くから目をつけ多くの記事を手がけてきた。最近ではグローバル化への対応を迫られる日本企業に、アップル、グーグルやシリコンバレーの起業家の考え方やノウハウを伝えることをミッションの1つとしている。マイクロソフト社Webサイトでの連載「Apple's Eye」で有名。



プログラム

12:30~ 受付開始
13:00~
開会・挨拶
大分県 商工労働部 情報政策課長 山戸 康弘
13:10~14:30
講演1
「Twitterが拓く未来」~多くの“つぶやき”が世界を変える~
講師
高木 裕 (株式会社DGインキュベーション 海外投資事業部 プロデューサー)
内容
Twitterの魅力やその使い方を紹介し、新コミュニケーションサービスとしての可能性についてビジネスや地域での活用事例などを交え解説します。
14:30~14:40休憩
14:40~16:20
講演2
「次世代スマートフォンがもたらすリアル×ソーシャルメディアの可能性」
講師
林 信行 (ITジャーナリスト&コンサルタント)
内容
スマートフォンをはじめとする携帯端末の最新動向からソーシャルメディアとの組合せが作り出す新たなライフスタイルやビジネス展望について紹介します。
16:20~16:50
発表
「地域からみたソーシャルメディア」
発表者
菊池 達哉(財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 主任研究員)
内容
2つの講演内容を掘り下げるとともに、 ソーシャルメディアを使った地域活性化の取組などを提案します。
16:50~17:00
閉会・挨拶
財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 所長 宇津宮 孝一
17:00 閉会

交流会

交流会は有料となります。参加をご希望される方は、フォーラム申し込み時に同時にお願いします。
17:30~19:00

交流会

場所
喫茶ソフィア (会場の隣)
会費
1,000円
申し込み
フォーラムの申し込み時に、同時にお願いします。
備考
立食形式による軽食を予定しております。
交流会はフォーラム参加者を対象としておりますので、交流会のみの参加はご遠慮願います。


お問い合わせ先

財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
TEL: 097-537-8180 FAX: 097-537-8820
E-mail:
担当:

|