第57回ハイパーフォーラム

お礼の言葉

第57回ハイパーフォーラムは、大盛況のうちに終了いたしました。 皆さま、ありがとうございました。

実施報告書

こちらから実施報告書のダウンロードができます。

当日の様子

第58回ハイパーフォーラム1 第58回ハイパーフォーラム2 第58回ハイパーフォーラム3

市民・企業・行政の協働による地域情報化
~情報社会におけるエンパワーメントの可能性を照射する~

大分では2003年度から、マイクロソフト社の社会貢献事業である、UP(Unlimited Potential)プログラムを、大分県の後援のもと、財団法人ハイパーネットワーク社会研究所が地域のコーディネーターとして、県内のさまざまな団体(NPO)と協働で実施してきました。UPプログラムとは、誰もが ICT(Information and Communication Technology: 情報コミュニケーション技術)の恩恵を享受できる社会[デジタルインクルージョン]の実現に向けて、高齢者、障害者、子育て主婦など、これまでICTを活用する機会が少なかった方々に対し、研修を通じて、自己の可能性を広げ、力を発揮できるように支援する取り組みです。

このUPプログラムも今年の6月で終了し、さらなる飛躍が期待されるところですが、本フォーラムでは、大分UP関係者のみならず、同様な理念をもって活動されている県内外の方々も交え、とくに、福祉とICTを架橋する実践として、障害者のICT利活用による社会参加/就労に照準を合わせ、CSO(Civil Society Organization: 市民社会組織)・企業・行政の協働によって達成されるべき福祉/情報社会の未来を展望する場にしたいと考えております。多くの皆さまのご参加を心からお待ちしております。

開催概要

日時
2008年8月5日(火) 13:00~17:00
(受付 12:30~)
会場
大分第2ソフィアプラザビル2階 ソフィアホール
(大分市東春日町51-6)
参加費
ハイパーフォーラム無料
定員
100名
主催

お申し込み

お申し込みは終了しました。




大きな地図で見る



講師紹介

講師名

竹原正篤

竹原 正篤
マイクロソフト株式会社 社会貢献部 部長


経歴

1965年熊本県生まれ。1989年から17年間大手損害保険会社に勤務。 ワシントンDC勤務や日本経団連自然保護基金出向を経験。 2006年4月マイクロソフト株式会社入社。社長室を経て2006年12月から社会貢献プログラムを担当。 早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了。

講師名

松木康司

松木 康司 氏
NPO法人 障害者UP大分プロジェクト 理事、全盲


経歴

1958年、大分県佐伯市生まれ。1980年に大分県立盲学校専攻科(鍼灸)を卒業後、 マッサージ師として病院勤務。80年代から90年代にかけて、パソコン通信などで さまざまな情報収集を行ないながら、職場での業務を行なう。 パソコンを活用した業務としては、患者の診療記録についての データベース作成・管理などがある。2005年からマイクロソフトUP事業の 講師として、視覚障害者向けの講習を担当する。 2006年から、NPO法人障害者UP大分プロジェクトの理事となる。

講師名

末廣賢介

末廣 賢介 氏
NPO法人 障害者UP大分プロジェクト バーチャル工房事業担当


経歴

1961年生まれ。1984年大分大学工学部エネルギー工学科卒業。 大手造船会社にて、海外プラントの電気部門の基本設計を担当。 その後転職、大手住宅機器メーカーに入社し、13年間で購買・製造・工事・品質管理部門を 経験し、2001年に早期退職。WEB制作の専門学校にて、WEBディレクションを学んだが限界を感じ、 2002年故郷の大分県別府市にて、PCスクールを開業。その後パソコンサポート業を営みながら、 ボランティアでNPO法人障害者UPプロジェクトに関わり、 2006年(平成17年度)からバーチャル工房事業を担当し現在に至る。

講師名

西山英樹

西山 英樹 氏
社会福祉法人 太陽の家 職業訓練課長


経歴

1966年生まれ。大阪府堺市出身。立命館大学理工学部卒業後、 大手電機メーカーに14年間勤務。特例子会社の経営管理サポートにも携わる。 子供が知的障害であったことをきっかけに、5年前に障害者施設の 社会福祉法人太陽の家に転職。福祉工場や授産場の施設管理を経験した後、 現在、職業訓練課長として障害者の職業能力開発や就労支援に取り組んでいる。

講師名

川島宏一

川島 宏一 氏
佐賀県最高情報統括監(CIO)


経歴

昭和34年茨城県土浦市生まれ。昭和59年筑波大学大学院環境科学研究科修了、 同年建設省に入省。インドネシア共和国住宅大臣アドバイザー、 住宅局建築指導課課長補佐、北九州市都市計画局開発部長(平成6年8月~平成9年6月)、 世界銀行上席都市開発専門官などを歴任。 この間、MITで日本のODA戦略を研究。世銀ではアジアの自治体の戦略的都市経営を支援。 平成17年11月、佐賀県CIO(3年任期の一般職員)の公募に応募(応募者:116名)。 18年3月、CIOに着任。ブロードバンド未カバーエリア解消(2008年度中)や業務改革・情報化を 通して佐賀県庁をIT最先端の自治体にするという知事からのミッションに取り組む。

講師名

山田栄子

山田 栄子
NPO法人 e-AT利用促進協会 副理事長


経歴

1961年徳島県生まれ。1984年学習院大学経済学部を卒業後、 株式会社三菱総合研究所に入社。現在、人間・生活研究本部 ラーニング・イノベーション研究グループ主任研究員。 生活における情報技術の活用とそれを支える産業政策が専門。 2004年にe-AT利用促進協会を設立。

講師名

柴田邦臣

柴田 邦臣
大妻女子大学社会情報学部 専任講師、宮城UPプログラム・ディレクタ


経歴

2003年、東北大学大学院博士課程後期修了(博士)。 日本学術振興会特別研究員(PD)を経て現職。専門は社会情報学・ ICTメディア研究・福祉情報論です。主にインターネットが、 私たちの生活や社会をどう変えていくのか(で、それで良いのか悪いのか) を調べ考えています。しかし仙台在住のころに、障害のある人たちがパソコンを 使って人生を変えていく場面に立ち会う幸運に恵まれて以降、どうすれば、 その「インターネット最大の功績」を確固たるモノにできるのか、情報研究や 支援技術の知識を応用しつつ、実践に挑戦しています。主著・論文として、 『デジタル・ディバイドを超えて:福祉におけるICTメディアと社会参加(仮)』 春風社,2008年予定.「メディア・リテラシー:社会に参加する力の積層」 『みらいに架ける社会学―情報・メディアを学ぶ人のために」ミネルヴァ書房, 2006年.「福祉NPOにおける“支援”のあり方:障害者福祉での電子ネットワークの諸相」(共著), 『NPOの電子ネットワーク戦略』東京大学出版会,2004年.などがある。

講師名

永松悟

永松 悟
大分県 福祉保健部障害福祉課 課長


経歴

昭和28年(1953)、大分県杵築市生まれ。昭和51年(1976)、同志社大学法学部卒。 昭和53年(1978)、大分県採用。福祉事務所、人権・同和対策課、振興局、児童相談所、 医務課、福祉保健企画課等で勤務。福祉保健関係の経験が長い。児童相談所では障がい児の ケースワーカー、医務課では小児救急医療体制の整備、福祉保健企画ではユニバーサルデザインの 推進等を担当。平成20年(2008)4月から現職。障害福祉課勤務は2回目。通算6年目。



プログラム

12:30~ 受付開始
13:00~ 開会・挨拶
大分県企画振興部IT推進課 課長 山戸 康弘
13:10~ 講演1
「マイクロソフトが果たす社会貢献活動とは?」
竹原 正篤 (マイクロソフト株式会社 社会貢献部 部長)
13:40~ 講演2
「佐賀県における協働化テストと「チャレンジドだれでもパソコン事業」」
川島 宏一 (佐賀県 最高情報統括監 CIO)
14:20~ 休憩
14:40~ ワークショップ
「誰もがICTの恩恵を享受できる社会の未来を考える」
討議者
松木 康司 (NPO法人 障害者UP大分プロジェクト 理事、全盲)
末廣 賢介 (NPO法人 障害者UP大分プロジェクト バーチャル工房事業担当)
西山 英樹 (社会福祉法人 太陽の家 職業訓練課長)
山田 栄子 (NPO法人 e-AT利用促進協会 副理事長)
柴田 邦臣 (大妻女子大学社会情報学部 専任講師、宮城UPプログラム・ディレクタ)
川島 宏一 (佐賀県 最高情報統括監 CIO)
永松 悟 (大分県 福祉保健部障害福祉課 課長)
ファシリテーター
山戸 康弘 (大分県 企画振興部IT推進課 課長)
倉掛 崇 (財団法人 ハイパーネットワーク社会研究所 研究員)
16:50~ 閉会・挨拶
財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 所長 宇津宮 孝一
17:00 閉会



お問い合わせ先

財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
TEL: 097-537-8180 FAX: 097-537-8820
担当: 倉掛

|