ハイパーネットワーク別府湾会議2017 (このページは作成中です。近日正式公開予定)


IoTで繋がる地域社会と未来 ~地域発のイノベーション~
IoTで繋がる地域社会と未来


 あらゆるものがネットワークでつながるIoT社会が到来することが期待されているなかで、様々な課題に直面する地域においても、IoTなどの新しい技術を取り込むことにより、困難な課題を克服していこうとする動きが芽生えています。
 そうした地域における先駆者と、先端テクノロジーをもつ産官学民の方々が1つの場所に集い、議論することにより、乗り越えるべき課題への処方箋を発見し、目指す未来像を共有します。

  
別府湾会議2017 参加のお申し込み
 お申し込みボタン
 別府湾会議2017 チラシのダウンロード

  チラシのダウンロードボタン


開催概要

  • 開催日時

平成29年10月30日(月) 10時00分~17時00分 

  • 会場

大分オアシスタワーホテル 5階 孔雀の間
〒870-0029 大分市高砂町2-48 電話:097-533-4411

  • 参加費

無料 (意見交換会は別途有料)

  • 定員

200名 (申込締切 10月26日(木))

  • 主催

ハイパーネットワーク別府湾会議実行委員会

(大分県、西日本電信電話株式会社 大分支店、日本電気株式会社、富士通株式会社、公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所)

  • 後援

総務省、経済産業省、九州電力株式会社 大分支社、一般社団法人九州テレコム振興センター(KIAI)、公益財団法人大分県産業創造機構、公益財団法人九州ヒューマンメディア創造センター、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会、大分合同新聞社、朝日新聞大分総局、毎日新聞社、読売新聞西部本社、日刊工業新聞社、西日本新聞社、共同通信社、時事通信社、NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、大分ケーブルテレコム

  • 協賛

後日追記予定

  • 参加者特典

ITコーディネータ資格者には、6時間分を付与します。


プログラム

09時30分

    開場

10時00分

    開会

    基調講演1「ドイツにおけるIoT推進事例 インダストリー4.0」

ベッコフオートメーション株式会社 代表取締役社長 川野 俊充氏

11時00分

    基調講演2「海外ベンチャーにおけるIoT事例」

Fenox Venture Capital 共同代表パートナー&CEO アニス・ウッザマン氏

12時00分

    休憩

13時00分

    業種別セッション(同時開催)

セッションA 「農林水産業×製造業×IoT」


・国内事例
株式会社オプティム 執行役員 横山 惠一氏

おおいたIoTプロジェクト推進事業採択プロジェクト 取組事業者
「牛の授精適期判定のためのセンサシステムの開発」
    株式会社リモート
    大分県農林水産研究指導センター 畜産研究部

コーディネーター:
株式会社ウフル 執行役員 杉山 恒司氏

セッションB    「福祉・医療・保健×製造業×IoT」

・国内事例
ユニファ株式会社 代表取締役社長 土岐 泰之氏

おおいたIoTプロジェクト推進事業採択プロジェクト 取組事業者
「IoT・AIを活用した医療介護支援システムの研究開発」
    
モバイルクリエイト株式会社
    
中津総合ケアセンター いずみの園

コーディネーター:
    日本電気株式会社 ニューITエバンジェリスト 林 雄代氏

14時30分

休憩

14時40分

基調講演3「Orchestrating a brighter world ~IoT時代の社会価値創造~」

日本電気株式会社  執行役員副社長  石黒 憲彦氏

15時40分

休憩

15時50分

パネルディスカッション(セッションの報告及びまとめ)

パネラー:

基調講演講師、横山 惠一氏、土岐 泰之氏、林 雄代氏

コーディネーター:

杉山 恒司氏


17時00分

閉会

17時30分より

意見交換会(参加費:有料)


講 師 紹 介

 川野 俊充 氏


 
1998年 東京大学理学部物理学科を卒業後、日本ヒューレットパッカード株式会社を経て2003年カリフォルニア大学バークレー校 ハース経営大学院経営学修士。日本ナショナルインスツルメンツ株式会社の事業部長、慶應義塾大学SFC研究所 上席所員を経て2011年に「EtherCAT」開発元のベッコフオートメーション株式会社(日本法人)代表取締役社長に着任し、ソフトウェアPLC/NC/RCのTwinCATによるPC制御ソリューションの普及に努めている。


アニス・ウッザマン 氏
Fenox Venture Capital  共同代表パートナー&CEO

  
  東京工業大学工学部開発システム工学科卒業。オクラホマ州立大学工学部電気情報工学専攻にて修士、東京都立大学(現・首都大学東京)工学部情報通信学科にて博士を取得。IBMなどを経て、シリコンバレーにてFenox Venture Capitalを設立。
 現在は、投資家であるとともに、東南アジア最大のテックメディアTech in Asiaをはじめ、Jibo、Affectiva、Afero、Lark、Jetlore、DLE、Infoteria、ZUU、I AND C-Cruiseにおいて社外取締役を務める。現在、全世界で20億~200億円の16のファンドを運営しており、日本においては大手事業会社20社とのパートナーシップによる大手企業内のイノベーション促進の実績を持つ。
 これまで米国、日本、東南アジアにおいて100社以上のスタートアップへ投資を実施しており、主要な投資実績としては、海外では、x.ai、Jibo、Genius、Affectiva、Afero、MindMeld、Lark、Scanadu、Meta、 ShareThis 、日本国内では、テラモーターズ、マネーフォワード、メタップス、エボラブルアジア、FiNC、ZUU、Geniee、I AND C-Cruise、Moshimoなどがある。

石黒 憲彦 氏
日本電気株式会社  執行役員副社長

 
1980年 東京大学法学部卒業
 同 年 通商産業省入省
1985年 米国スタンフォード大学留学(アジアパシフィックセンター客員研究員)
1996年 日本貿易振興会ニューヨークセンター産業調査員
2009年 商務情報政策局長
2011年 経済産業政策局長
2013年 経済産業審議官
2015年 経済産業審議官退官
 同 年 東京海上日動火災保険株式会社顧問
2016年 日本電気株式会社顧問
 同 年 日本電気株式会社執行役員副社長(現職)


横山 惠一 氏

株式会社オプティム 執行役員



東京生まれ。ソフトウェア販売商社㈱アシストでアセンブラー・プログラマーとしてキャリアをスタートし、独自製品開発のプロジェクト・開発リーダーを経て、1992年にマイクロソフト株式会社に入社。米国開発本社部隊と密接に活動を行い、英語版・日本語版の「Microsoft Word」や「Microsoft Office」の品質向上に大きく貢献し、日本人として初めて本社Microsoft WordチームのTest Leaderに任命される。また、日本独自の年賀状ソフト「はがきスタジオ」の開発総責任者時代には、社長賞を受賞。
 2010年に株式会社オプティム入社後は、ソフトウェア品質を組織的、体制的に向上させ、新規で起ち上げたプロモーション事業や海外事業展開等も推進してきた。現在はインダストリー事業本部にて、国内外機関投資家対応を主としたIR活動や、官公庁・自治体対応の責任者も務める。


土岐 泰之 氏
        ユニファ株式会社 代表取締役社長

 

1980年12月:福岡県生まれ
2003年3月:九州大学 経済学部卒業
2003年4月:住友商事株式会社投資開発部にて主にIT・消費者向けビジネスへの投資検討・事業開発・ファンド運営に従事。投資検討に留まらず投資後のバリューアップにおいて、取締役会への参画、総合商社ならではの販路拡大や営業協力に注力。
2008年2月: ローランドベルガー(外資戦略コンサルティング会社)にて、大手企業の事業戦略を中心としたプロジェクトに複数従事。オフィス内では最短記録となる1年間にてジュニアコンサルタントからコンサルタントに昇格し高い評価を得る。
2009年3月: デロイトトーマツコンサルティングにて、中堅企業の経営管理を中心としたプロジェクトに複数従事。シニアコンサルタントとしてプロジェクトマネジメントを実施。
2013年5月:ユニファ株式会社設立、代表取締役就任

コーディネーター 紹介

杉山 恒司 氏
        株式会社ウフル 執行役員


 NTT本社(分割前)情報システム関連部門入社後、約16年間システムエンジニア、システム営業、新規事業開発等を担当。同社在任中の2000年頃から、PAN(Personal Area Network)を活用した複数の新規事業を協業先企業と推進。その後、IT系ベンチャー企業の経営、上場企業グループ企業にてプロジェクトマネージャー、新規事業企画推進責任者等を担当し、その後は個人として複数企業の顧問、アドバイザーに就任。2012年にウフルに入社し、開発部門長、人事総務部門長、営業部門長、アライアンス部門長等を担当し、IoTイノベーションセンターの企画立案、発足と同時にGeneral Manager就任。大分県商工労働部戦略アドバイザー。一般社団法人日本OMG(Industrial Internet Consortium)主席研究員。


林 雄代 氏
        日本電気株式会社  ニューITエバンジェリスト


 1981年日本電気株式会社入社、パーソナルコンピュータの開発に従事し、国内向けデスクトップ機の開発、海外向けノートPCの開発を担当。
 日本電気ホームエレクトロニクス株式会社出向を経て、現在ビジネスクリエイション本部ニューITエバンジェリストとして、クラウドサービスを中心に、新しいテクノロジを利用したソリューションの開発、普及活動を推進中。
 総務省 ユビキタスネットワーキングフォーラム会員。


以下のフォームからお申し込みください。

お申し込みボタン



お問い合わせ

ハイパーネットワーク別府湾会議実行委員会 事務局

公益財団法人 ハイパーネットワーク社会研究所 担当:加藤、大塚、植木

電話:097-537-8180  FAX:097-537-8820  メール:bbc2017@hyper.or.jp