ハイパーネットワークワークショップ2019

ハイパーネットワークワークショップ2019

大分県姫島村にて開催!

Himeshima :The Leading Global Village with Next Mobility

めざそう!グローバル・ビレッジ グローバル・ネクストモリティ

 デジタル技術の活用により一人ひとりの暮らしを支えるサービスとして期待されるネクストモビリティを中心に、姫島村内外の人々の参加を得て、地域の実態に会ったデザインやサービスについて、フィールドワークを交えて議論し、地域社会の発展方向を探ります。
 地域社会の活性化に取り組む皆さん、MaaS*など新たなビジネス機会の創出に関心をおもちの皆さん、市民・行政・企業・NPO団体など多様なステークホルダーの皆さんの参加をお待ちします。

*MaaS (Mobility as a Service): ICT を活用して交通をクラウド化し、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動」の概念


ワークショップ2019の報告書が完成しました。下記の画像リンクより参照できます。

印刷済みの冊子もあります。郵送希望の方はハイパーネットワーク社会研究所までご連絡下さい。
(発送は着払い宅急便となります)

ハイパーネットワークワークショップ2019報告書


参加申込み方法

 多数のご参加を頂き、ありがとうございました。盛況のうちに終了しました。


 チラシのダウンロード(PDFファイル)はこちらからお願いします。

ワークショップ2019チラシダウンロード



開催概要

  • 開催日時     

平成31年2月1日(金)13時00分  ~  2月2日(土)13時30分 

  • 会場

大分県姫島村 離島センター やはず 2階ホール
〒872-1501 大分県東国東郡姫島村1569-1 

  • 会場までのアクセス

  • 参加費

無料 (ランチ弁当及び夕食会は別途有料)

  • 定員

約40名

  • 主催

ハイパーネットワークワークショップ実行委員会

(大分県、西日本電信電話株式会社 大分支店、日本電気株式会社、富士通株式会社、公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所)

  • 共催

姫島村

  • 協賛 

モバイルクリエイト株式会社、株式会社オーイーシー、大分県自動車関連企業会

  • 後援

公益財団法人大分県産業創造機構、大分県情報サービス産業協会(OISA)、大分県自動車関連企業会、大分合同新聞社、NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、大分ケーブルテレコム


プログラム    

    2月1日(金)

12時30分

開場

13時00分 ~

ランチオリエンテーション

14時00分 ~

フィールドワーク(モビリティで島内探検)

16時00分 ~

グループワーク

18時30分 ~

夕食会

20時00分 ~

ナイトセッション

    2月2日(土)

  8時30分 ~ 

グループワーク

11時00分 ~

プレゼンテーション

12時00分 ~

振り返りと今後

 ~ 13時30分

クロージング


ゲストスピーカー

大 野 秀 敏

株式会社アプルデザインワークショップ 代表取締役
『<小さい交通>が都市を変える』著者

井 上 佳 三

株式会社自動車新聞社 代表取締役社長
雑誌『リガーレ』編集長
『MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』著者

濱 田 千 夏

NPO法人 I-DO(アイディオ)

寺 下 満

姫島エコツーリズム推進協議会会長
T・プラン株式会社 代表取締役

嶋 田 悠 介

関西電力株式会社 経営企画室イノベーション推進グループ

板 良 敷 朝 計

特定非営利活動法人フロム沖縄推進機構

倉 本 義 介

多摩ファビリティ研究所 代表

ファシリテーター

渋 谷 健

フィールド・フロー株式会社 代表取締役

会 津 泉

ハイパーネットワーク社会研究所共同研究員
多摩大学情報社会学研究所主任研究員 教授



お問い合わせ

ハイパーネットワークワークショップ実行委員会 事務局

公益財団法人 ハイパーネットワーク社会研究所 (担当 加藤・植木)

電話:097-537-8180  FAX:097-537-8820