【設立経緯】
 ハイパーネットワーク社会研究所では、AI技術の進展とそれを可能にしたGPU等のツールが廉価で普及し始めたを踏まえ、2019年12月開催の別府湾会議2019の場で、「おおいたAIテクノロジーセンター」設立を宣言した。センターでは、AIの普及、活用が進むための取組みを展開していく。

【目的】
 大分県内の企業、団体、個人が、GPUを自家薬籠中(自分の所有する薬籠にある物を指し、「いつでも好きなように使うことができる」)の物にする。

【目標】
 ・大分県の発展・振興のための「技術戦略拠点」へ
 ・県内企業、工場のGPU実装を推進

【活動内容】




【組織体制】