ハイパーネットワーク別府湾会議2011 報告書

大災害に備えるネットワーク社会とは

報告書内容


■巻頭言

    ・再考、大災害に対応できるネットワーク社会はどうあるべきか
    -ハイパーネットワーク2011別府湾会議を振り返って-
       財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 所長 宇津宮 孝一


■全体特別レポート

    ・別府湾会議2011 開催までの経緯と実際
    財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 副所長 会津 泉


セッション1:被災地から語る、東日本大震災の被害と復興の現実

 ■ゲストスピーカー寄稿

 ・セッション1に寄せて 被災地からの報告 
            情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP) 代表理事 酒井 紀之


セッション2:私たちに備えはあるか 別府湾に地震・津波発生?
        ワークショップ1 <2時間で体験する災害危機管理>

 ■ファシリテーター寄稿

 ・ハイパーネットワーク2011別府湾会議にて    
            自治体危機管理研修所 所長 高橋 正幸
 ・ソーシャルイノベーションとしての「自治体危機管理研修」
    神戸市 松崎 太亮


    ■ロールプレイによる危機管理研修 特別レポート

    ・ロールプレイの衝撃
         財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 齋藤 慎一郎

セッション3:ワークショップ2 震災時に使えるアプリ、ソーシャルサービスとは?

    ■ファシリテーター寄稿

    ・震災時に使えるアプリ、ソーシャルサービスとは?
         Nota Inc 代表取締役 洛西 一周
    ・初めての別府湾会議-別府湾会議で得られる3つのこと
         アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役 岡本 真


セッション4:被災地域の復旧・復興とICTの活用

    ■ゲストスピーカー寄稿

    ・ICTを活用した九州広域における危機管理情報の共有化
         ~KIAIにおける九州での危機管理情報共有化の取り組みについて~
         社団法人九州テレコム振興センター(KIAI) 事務局長 広岡 淳二


■全体報告

    ・アンケート結果より
     財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 研究企画部長代理 工藤 賢

■参考資料

    ・「ハイパーネットワーク2011別府湾会議」プログラム
    ・「ハイパーネットワーク2011別府湾会議」資料

■謝辞


ダウンロード

ハイパーネットワーク2011別府湾会議 報告書

ダウンロードはこちら (ファイルサイズ: 10.0MB)




お問い合わせ

ハイパーネットワーク別府湾会議実行委員会 事務局

公益財団法人 ハイパーネットワーク社会研究所

電話:097-537-8180  FAX:097-537-8820