活動内容‎ > ‎

03-2.DX推進人材育成事業

AI活用人材育成研修会

■テーマ

AIの実践と修得 ~ディープラーニングの入門と画像識別への応用~

■研修概要

 ディープラーニングとは何かから始まり、AIフレームワークの環境構築の仕方、基礎的なAIモデルを用いた
画像識別への適用法を学び、最終的には実用性能を引き出す大規模AIモデルの利用法までしっかり学びます。
とにかく手を動かして実践して修得するセミナーです。受け身の座学ではありません。基本をしっかり学び
AIへの糸口を作って、自分自身で発展的学習ができるようになることを目的とします。
 本セミナーでは、画像識別AIの中でも現在、もっとも性能を出しているAIモデルで、応用範囲も広いCNN
(Convolutional Neural Network)にターゲットを絞ります。また、利用者が多いAIフレームワークである
Tesorflow 2.x(tf.keras)を利用します。

■講師

 木本 智幸 氏

 大分工業高等専門学校 電気電子工学科 教授


■日時

 2021年9月13日(月)9:00~16:00

        14日(火)9:00~16:00

        15日(水)9:00~16:00


■会場

 大分工業高等専門学校 図書館2F 情報演習室

 (大分市大字牧1666番地)


■対象者

 県内企業、団体の従業員等で、AI(ディープラーニング)を一から学びたい方


■応募条件

 ・研修期間全て(3日間)に出席が可能な方

 ・Windows10の操作が十分にできる方(コマンドプロンプト上からディレクトリを変更、実行ファイルの起動等)

 ・プログラミング(C,VB,Python等の種類は不問)の基礎知識、経験がある方

 ※AIに関する知識は不要です。基礎からしっかりと講義します。


■研修費

無料 ※PC端末、通信環境等は準備しますので個人での準備は不要です。

■募集人数

20名 (申込みが多い場合は、1名/企業及び抽選とさせていただきます。)


■募集〆切


 202127日(金)まで

■参加条件

 ①大分県内在住者であること。
 ②研修会当日までの2週間以内に、「緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」が発令されている地域や
  感染が拡大している地域(人口10万人に対して新規感染者が15人以上の地域)へ行っていないこと。
 ③コロナ感染もしくは濃厚接触者でないこと。
 ④研修会当日に発熱等体調に異常がないこと。
 ※当日、上記参加条件を満たしていない方は、受講できない場合がございますので、予めご了承ください。

■お申し込は締め切りました。多数のお申込み、ありがとうございました。


https://sites.google.com/a/hyper.or.jp/ihns/activity/ai-training/AITrainingleaf.pdf?attredirects=0&d=1


Comments